吸い玉・カッピングの株式会社医工

病院・施術院様

clinic医工の製品は長年多くの専門家の先生方にご愛用頂いてきました。

ですから、これから吸い玉・カッピングの導入を検討されていらっしゃる先生も安心してお使いになれます。

 

吸い玉・カッピングの基本的施術は、先生方が既に持っていらっしゃる知識・技術を元にすれば、比較的短期に習得できると言われています。

また、呼び名やアプローチ法に差異はありますが、古来から世界各地で行われてきた施術法ですので、東洋のみならず様々なスタイルのプログラムに取り入れられる可能性を秘めています。

もちろん極める為には多くの時間を要する技術ですが、時間をかけて習得したその技は先生方の大きな財産となるものだと医工では考えます。

 

時代の要請と共に病院は元より按摩・鍼灸・柔整等、従来からの施術院以外にも、癒しに携わる多くの先生方が求められてきました。

選択肢が増え、非常に喜ばしい事です。しかしながら先生方の院経営と言った面では非常に厳しくもなってきています。

 

吸い玉・カッピングは、業務用としては比較的少ないコストで導入可能でありながら、院の特色を強く打ち出すことができるコストパフォーマンスにも優れたプログラムです。

古くからある伝統的な施術法ですから、先人の知恵を研究する事自体が先生方の今後の施術に対する一助となるのではないかと、医工では考えます。

吸い玉・カッピングは、既に開業している先生方だけれはなく、これから開業を考えていらっしゃる先生、また学生の方にも是非一度試して頂きたい施術法です。

 

真空ポンプの選び方

カッピングα-II

カッピングα-II

病院・施術院様で吸い玉・カッピングを導入する場合、医工ではカッピングα-II以上の電動ポンプを推奨しています。

 

カッピングα-II以上のクラスの電動ポンプは据え置き型となっており、業務でのメイン使用に耐えうる堅牢性を持っています。

また、吸引性能が高い為、吸い玉・カッピングの施術のバリエーションが増え、様々なアプローチ方法を取る事ができます。

吸い玉・カッピングをあくまでも補助的にご使用になる先生の場合や、移動時にできるだけ荷物を減らしたい場合は、手動ポンプ「ハンドポンプQ」や小型電動ポンプ「かっピングαミニ」も選択肢に入ってきます。

ただ携帯性には優れていますが、施術にあたっていくつかの制限が出てきますので、ご自身の施術スタイルに併せて選択する必要が出てきます。

 

カッピングパルサーセット最新機「カッピングパルサー」とシリコンカップを使えばWAVE吸引という、吸っては排気し吸っては排気を繰り返す、最新の吸引法をご使用頂く事ができます。

この吸引法を使う事で施術に新たなアプローチを加える事ができます。動きのある吸引法ですので、従来の吸い玉・カッピングよりも飽きを抱かせづらく、リピーター率の向上を期待できます。

もちろん従来の吸い玉・カッピングカップも使用できますので、伝統的方法から現代的アプローチまで幅広く施術を可能にします。

 

カップの選び方

医工の吸い玉・カッピングカップは素材・形状、共にバリエーション豊富です。これらのカップは長年、吸い玉・カッピング専門の先生方の様々なご意見・アプローチ方法を取り入れ研究してきた成果です。各カップの特徴につきましてはそれぞれのページをご参照下さい。

 

【基本】

  • ガラスカップ(g-0001~g-0007)
  • プラカップ(p-0007~p-0009)
  • RPカップ(p-0004~p-0006)

 

【スライドカッピング(走缶法)用】

  • ビューティーカップ

 

【関節部等の皮下脂肪が少ない箇所用】

  • シリコンカップ(スイダマQは簡易吸い玉なので業務には不向きです)

 

カップの個数

歴史的にみて吸い玉・カッピングは多くの施術方法が考案されてきましたが、現在まず基本となっているのは、ご存じの通り背中へのアプローチです。

 

医工ではひとりの背中を一度に施術するのに最低限必要なカップ数の基準を16個としています。

医工の基本カップセットの個数が8個セットと16個セットとなっているのはこの為です。

8個セットの場合は背中を区分して2回に分けて吸引します(通常は上下に分ける場合が多いです)。

つまり16個の倍の時間を掛けて吸引しますので効率としては悪いものとなります(あくまで基本の考え方です。先生方によってアプローチの違いがあります。ここでは効率についてのみ言及しています)

業務でお使いの場合は満足度を考えますとやはり16個は最低限そろえておいた方が良いでしょう。

ただ、医工のカップは単体でも販売していますので、まず実際にお使いになってご自身の施術スタイルと照らし合わせてから、必要数、大きさを見極めて頂いても良いかもしれません。