吸い玉・カッピングの株式会社医工

エステサロン様

esthetique吸い玉・カッピングは、近年美容の分野でも注目されるようになってきました。

特に、スライドカッピング(走缶法)はその特性からエステティシャンの方との親和性が高く、お勧めの施術方法です。

伝統的な走缶法は、基本的に潤滑油を使い、火缶カップを吸着させながら肌面を滑らせる施術法です。

しかし火によるカッピングは少なくとも10年ほどの熟練の技がいる事と、火を使う事のリスクを考慮しなくてはなりません。特にお肌に対してより慎重にならなくてはならないエステティシャンの方ならば尚更です。

医工の走缶法は電動ポンプとスライド用カッピングカップを使用する事で火を使わずにカッピングが可能になり、微妙な吸引圧のコントロールが可能です。

また、潤滑油をアロマオイル等にする事で、エステの先生方が持つ知識・技術を組合わせる事ができます。伝統的な施術方法を現代的なアプローチに変えるのです。

新たにオリジナルの手技開発の可能性がふんだんにある分野でもあります。

現在の競争の厳しいエステ業界において、他店との差別化を図る為には、特色のある施術が必要とされるようになってきました。もちろん、基本的な知識・技術が最も大切な事は言うまでもありませんが、それだけではお客様への訴求力が足りなくなってきています。

吸い玉・カッピングは業務用機材としては比較的低コストで導入する事が可能です。それでありながら、お店の特色を強く打ち出す事ができるコストパフォーマンスにも優れたプログラムです。

また、施術が可視化されますのでお客様の満足度を高める要素として期待ができます。ただし、可視化されるという事はクレームにも繋がる要因になりますので安易な導入は禁物です。また導入を決めたあとも、技術に不安があるうちはお客様への施術に使用しないで下さい。

 

真空ポンプの選び方

カッピングα-II

カッピングα-II

エステサロンや美容家の方が吸い玉・カッピングを導入なさる場合、医工ではカッピングα-II以上のポンプを推奨しています。

カッピングα-II以上のクラスの電動ポンプは据え置き型となっており、業務でのメイン使用に耐えうる堅牢性を持っています。

また、吸引性能が高い為、吸い玉・カッピングの施術のバリエーションが増え、お客様に対して様々なアプローチ方法を取る事ができます。

エステティシャンの方と親和性の高いスライドカッピング(走缶法)を行うにはカッピングα-II以上のポンプが必要です。

 カップの選び方

医工の吸い玉・カッピングカップは素材・形状、共にバリエーション豊富です。これらのカップは長年、吸い玉・カッピング専門の先生方の様々なご意見・アプローチ方法を取り入れ研究してきた成果です。各カップの特徴につきましてはそれぞれのページをご参照下さい。

ガラスカップとプラスチックカップの違いについて良くご質問されますが、一般に働き自体は変わらないとされています。しかしエステサロンでのご使用の場合、最適なのはガラスカップです。

ガラスカップはプラスチックカップよりも肌触りに優れている為、特にスライドカッピングでのご使用時に、きわだって差が出ます。

医工のスライド用カッピングカップがガラスカップのみとなっているのはこの為です。

しかし、ガラスカップは職人によるひとつひとつ手作りの為、若干値段が高めになっています。また、落下によって破損しますから、破損時のリスクも考慮して頂く必要があります。

その点、プラスチックカップは取り扱いが容易で安心してお使いになれます。

エステサロンの先生方の中にはプラスチックカップを使用していらっしゃる方もいらっしゃいます。どういった点を優先するか、先生のお好みでご選択下さい。

 

【基本】

  • ガラスカップ(g-0001~g-0007)
  • プラカップ(p-0007~p-0009)
  • RPカップ(p-0004~p-0006)

 

【スライドカッピング(走缶法)用】

  • ビューティーカップ

 

【関節部等の皮下脂肪が少ない箇所用】

  • シリコンカップ(スイダマQは簡易吸い玉なので業務には不向きです)

カップの個数

歴史的にみて吸い玉・カッピングは多くの施術方法が考案されてきましたが、現在まず基本となっているのは、ご存じの通り背中へのアプローチです。

 

医工ではお客様ひとりの背中を一度に施術するのに最低限必要なカップ数の基準を16個としています。

医工の基本カップセットの個数が8個セットと16個セットとなっているのはこの為です。

8個セットの場合は背中を区分して2回に分けて吸引します(通常は上下に分ける場合が多いです)。

つまり16個の倍の時間を掛けて吸引しますので効率としては悪いものとなります(あくまで基本の考え方です。先生方によってアプローチの違いがあります。ここでは効率についてのみ言及しています)

業務でお使いの場合はお客様の満足度を考えますとやはり16個は最低限そろえておいた方が良いでしょう。

ただ、医工のカップは単体でも販売していますので、まず実際にお使いになってご自身の施術スタイルと照らし合わせてから、必要数、大きさを見極めて頂いても良いかもしれません。

またスライドカッピングメインに考えていらっしゃる場合はスライド用のセットもご用意していますので、ご検討下さい。